MENU

    テレワークに最適!折り畳みデスクおすすめ10選|省スペースを活かせる機能的な商品

    目次

    スペースを有効活用できる!折りたたみテレワークデスクの選び方

    テレワークで仕事をする時に必要不可欠なのがデスク。特に長期の在宅勤務などでは、正しい姿勢でデスクに向かうことが業務効率にもつながります。かといって、自宅の1部屋を仕事部屋として使うのはスペース的にもなかなか難しいもの。そんな時に活躍するのが、折り畳み式のテレワークデスクです。

    折り畳み式のテレワーク用デスクを選ぶ際にはいくつかのポイントがあるため、ここで解説していきます。選び方のポイントを掴んで、ご自身にぴったりのデスクを見つけてくださいね。

    折りたたみデスクのメリット・デメリット

    なんと言っても折り畳みデスクのメリットは、リビングや寝室など、ちょっとしたスペースでも必要な時に設置したり広げたりできること。また、使っていない時には小さく折り畳んで収納できるため、限られた空間を有効活用することができるのもメリットです。

    デメリットは、棚や引き出しが付いているシステムデスクに比べて収納が少ないこと。仕事をする際に多くの資料が必要な場合などは向かない場合があるため、注意しましょう。

    据え置きタイプか収納タイプかを選ぶ

    テレワーク用の折り畳みデスクにも、2つのタイプがあります。以下に詳しく説明しますので、どちらのタイプがいいかを考えてみてくださいね。

    薄く畳めてスキマ収納も可能な収納タイプ

    折り畳むととても小さく薄くなって、使わない時にはデスクそのものを別の場所に収納できるタイプ。仕事にはノートパソコンさえあればOK、という場合にはこのタイプでも問題ありません。机の広さはいろいろなサイズがあるので、パソコンの大きさを考慮して選んでくださいね。

    棚やシェルフとしても役立つ据え置きタイプ

    テレワーク用のデスクとしてだけではなく、シェルフや収納の役割も果たす据え置きタイプ。必要な時にデスク部分の面積を広げることができるので、普段は家具として使えるのがポイントです。仕事道具をはじめ、細かなものを入れておくことができるため便利。

    作業スペースが確保できるサイズかをチェック

    テレワーク用の折り畳みデスクを購入する時にまずチェックしたいのが、デスクの広さ。仕事に必要な広さとデスクの広さが見合っていないと、逆に業務が進めにくくなるということにもなりかねません。「小さければいい」という選び方ではなく、自分に必要なスペースはどれくらいかをイメージした上で選ぶようにしましょう。

    デザインやカラーにもこだわりを

    在宅勤務が増えた昨今、自宅で手軽に使える折り畳みデスクもさまざまなブランドからさまざまな商品が販売されています。大きなデスクではないとは言え、自宅のインテリアのひとつとなるものなので、デザインやカラーなど現状の家具とのマッチングにも気を配りたいですね。

    薄くなって収納できる!テレワーク用折り畳みデスクおすすめ5選!

    届いてすぐに使えるチェアセットの折り畳みデスク

    折り畳みデスクと椅子がセットになった商品。チェアセットのデスクは、届いてすぐに使うことができるので嬉しいですね。

    幅100cm、奥行き60cmとしっかりとした広さがあるデスクで、パソコンを置いてもゆったりと使える余裕があります。たたんだ状態の厚みは約7cmと少しのスキマがあれば収納できますよ。椅子は昇降式で、座面高の調整ができるのもポイントです。

    willlimited
    ワイド折りたたみデスク FLAP(フラップ) & 曲げ木オフィススツール SADDLE(サドル)

    コンセント付き!使いやすいL字の折り畳みデスク

    部屋の角にも置き易い、L字タイプの折り畳みデスク。コンセントが二口ついていて、パソコンやスマホなどを充電しながら仕事をすることができます。

    幅90cm、奥行60cmとコンパクトデスクとしては一般的なサイズですが、L字構造でサイドが少し広くなっているため使用感としてはとても広く感じるのが利点。コンセントの長さはも1.8mと十分な長さがあります。畳んだ時のサイズは6.5cmと薄く、どこにでも置きやすいデスクですよ。

    山善
    折りたたみ L字コーナーデスク コンセント付き

    お手頃価格!コンパクトなニトリの折り畳みデスク

    お手頃な価格帯が魅力のニトリの折り畳みデスク。とてもシンプルな構造で簡単に畳めるので、さっと出し入れができるのがポイント。

    天板の幅は70cmと50cmの2種から選ぶことができます。奥行きはどちらのサイズも51cm。カラーもホワイト・ライトブラウン・ダークブラウンと3色から選ぶことができるので、インテリアに合わせてチョイスしてくださいね。

    ニトリ
    折りたたみコンパクトデスク フレッタ

    ナチュラルな天然木が素材の折り畳みデスク

    天然木の質感がやさしい印象の折り畳みデスク。ナチュラルテイストで、仕事以外の時間も部屋に置いておきたくなる馴染みの良さが魅力です。

    サイズは幅78cm×奥行50cm。デスクのサイドには左右に付け替えができる木製のフックを取り付けることができ、カバンなどをかけることも可能。お子様の学習机と共用するのもおすすめです。天然木は使うにつれて味が出るため経年変化も楽しむことができますよ。

    山善
    折りたたみ式パイン材テーブル

    レバー操作で、11cmから71cmまで高さを自由に調整ができる折り畳みデスク。椅子やソファ、床座などどんなスタイルで仕事をしたい時にもフィットするのがメリットです。

    天板のサイズは幅92.5cm×奥行き51cm。十分な広さがあり、テレワークデスクのほかソファテーブルとしても活躍しますよ。脚の片側にはキャスターがついているため、移動が簡単にできるのもうれしいですね。

    Riesel
    昇降式テーブル

    据え置き式!収納にも役立つ折り畳みデスクおすすめ5選

    扉を開ければ棚とデスク!機能充実の折り畳みデスク

    折り畳むと奥行約20cmの極薄サイズの棚になる折り畳みデスク。冷蔵庫のようにドアを開け閉めすれば、収納棚と折り畳み式のデスクが現れます。デスクを使わない時は棚の中が全く見えないため、細々とした雑多なものも入れやすいのがポイント。

    引き出した時のデスクのサイズは幅69.5cm×44.5cm。20cmの厚みに収まっているとは思えない広さです。配線のケーブル穴やコンセント、USBポートも付属する充実の機能が魅力です。

    リコメン堂
    折りたたみデスク 間仕切りデスク

    キャスター付きワゴンと一体型の折り畳みデスク

    キャスター付きのワゴンと一体型になった折り畳みデスク。ワゴンには仕事の書類やプリンターなどを置くことができ、本格的なワークデスクとして活躍します。

    天板を広げた時のサイズは幅1070cm×奥行き550cm。テレワークデスクとして十分なサイズがあります。脚にはキャスターがついているため、折り畳み時の移動もかんたん。ワゴンの棚板は高さ調節もできるので、ファイルなど書類の整理もしやすいですよ。

    サンワダイレクト
    折りたたみ デスク 100-DESKN006M

    4ステップで本格デスクに!コンパクトさが魅力の折り畳みデスク

    折り畳み時にはわずか17cmの細さになる、コンパクトさが魅力の折り畳みデスク。棚のような小さな佇まいから、4ステップでワークデスクへと早変わり。簡易的すぎず、だけど折り畳んだ時のコンパクトさは譲れないという人におすすめです。

    デスク部分のサイズは幅56cm×奥行き45cm。折り畳んだ時に天板となる17cm×64cmの部分はL字デスクのような配置になり、サイドテーブルの感覚で使用することができますよ。


    しまうデスク

    チェストのようなたっぷり収納が魅力の折り畳みデスク

    たっぷりと収納機能をもった折り畳みデスク。足元の扉を開くと引き出しや書類棚が充実しているため、デスク周りの小物や仕事の資料もたっぷりと入れることができます。

    デスクの天板は幅82.5cm×奥行き56cm。広々としたスペースがあるためゆとりを持って作業することができます。二口のコンセント付きでパソコンやスマホの充電も可能。家具としての収納力を求める人におすすめですよ。

    インテリアのゲキカグ
    木製 デスク 折りたたみ式

    マグネット式で簡単開け閉めができる折り畳みデスク

    木目調のデザインがナチュラルな印象の折り畳みデスク。デスク下の棚はA4サイズの書類が入れられるほか、見せる収納としてインテリアを楽しむことができます。

    デスク部分はマグネット式で簡単に開け閉めでき、少しのストレスもなくスタイルチェンジできるのが魅力。デスクを開けると上部にはメガネなどを入れられるスリット式の棚、さらにデスク奥にはタブレットやスマホを立てるストッパーも。無駄のないシンプルなデザインながら、かゆいところに手が届く折り畳みデスクです。

    Storage
    ライティングデスク

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    目次
    閉じる